スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

設備もそろそろ入ってきました。 

家の中の設備も少しずつできてきてます。さて、右の写真は何でしょう。正解は、電動物干し昇降機。プレゼントでいただきました。室内で干すときの強い見方。使わないときは天井に収納です。
左の写真は、トイレルーム。まだ便器は入っていません。プレゼントのトイレ収納兼手洗い場です。課上の中にトイレットペーパーなど入れられます。便器の方もこれまたプレゼントでタンクレスの松下のアラウーノが入る予定。

スポンサーサイト

外壁。 

壁が完成しました。壁は、ALCいわゆる軽量コンクリートの壁。コンクリートというだけあってやっぱり重いです。この上にリシンを吹き付けて完成になります。壁は直接日光・風雨にさらされるので重要ですね。日の当たる南側は壁面の温度が70度近くになるといわれます。まさに目玉焼きができますね。ALCは断熱性もある程度期待できます。

この思い外壁は、長い釘で支えられます。柱から5センチ断熱材が出てますので、結構重さを支えるのは大変そうです。

夏の楽しみ 

img380.jpg暑いお盆も終わり、季節は秋へとすんなりとは移ってくれそうにありません。わが町のお盆のお祭りは、絵灯篭。年々規模が縮小ですがたのしまさせてくれます。
そして、新しい我が家の楽しみも夏祭りと無縁ではありません。我が家ながらの立地でスペシャルな楽しみがあるのです。
img383.jpg夏祭りといえば、花火!なんと我が家の向かい岸で花火が上がるのです。ベランダからきれいに見えるのではないかと期待です。家にいながら花火見物。贅沢ですね。これはなんとも楽しみ。どんなにでかいホームシアターでもやはり大空に上がる花火の迫力にはかないませんね。

階段2 

img370.jpg階段の後半部分もできましたよ。我が家は、吹き抜けがありません。家族のみんなが言うには、吹き抜けはもったいないということ。明るくっていいと思うのですが・・・・。
そこで、階段の上に天窓を持っていきました。リビングも多少明るくなるでしょう。実際天窓の採光は、強力です。



img372.jpg無暖房の家の制約として、窓の面積が制限されるのです。どうしても窓は、断熱悪いし、太陽から不要な熱をもらってしまうからです。
そのような理由からどうしても窓の開放感が犠牲になってしまうのですね。耐震性という意味ではこの特性は有利になります。

階段 

img348.jpg2階への階段が半分完成。ここから折り返して2回へと続きます。結構スロープも緩やかで上りやすそうです。一応リビング内階段ということになるのかな。連日の猛暑ですが、建築現場の家の中は意外と暑くないです。やはり断熱材が効いているのでしょう。
仮設の階段の役割ももうそろそろ終わり。

換気装置 

SANYe5450121.jpg同時給排気の換気扇が入りました。思ったよりかなり大きいです。熱交換もおこなうので当然ですね。熱交換というのは、室内の温度を吸気した外気に移すということです。同時に湿度も移します。換気によって室内の熱が変動しないようにする工夫ですが、もちろん100%ではありません。
img349.jpgこういうメカニカルな部分って、なんかワクワクしてしまいます。

家造りは、芸術だ!(爆) 

SAfrergNY0104.jpg悩んでいた壁紙ですが、建築現場をいくつか見る中でビニールクロスでも臭いは大丈夫そうだという結論になりました。

部屋ごとに壁紙を決めていくわけですが、これがまた大変です。
その他、ふすまの柄、畳のふちなど決めることがたくさん。

カーテンにいたっては、本当にいろんなものがあって決めるのが大変でした。

家造りってアートですね。細かすぎて、頭が爆発しそうです。

これから、室内側に石膏ボードを張って内装ということになります。
ピンク色の断熱材と石膏ボードの間は通気口になります。換気のダクトと兼用になります。


ユニットバス 

SANpoppp110.jpgさすが夏場は本業が忙しくて、なかなかブログかけませんでした。
そうしているうちにも工事はどんどん進む。

ユニットバスが入りましたよ。
グリーンの壁がきれいでしょ。このグリーンの感じがとても気に入ったのです。INAXのlukinarというユニットバス。
浴槽は、保温効果が高いものだそうで省エネが期待できそうです。

給湯は、エコキュートの予定です。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。